イメージが、“カタチ”になる喜び。

 ―――2012年に入社したそうですが、それ以前はどんなお仕事をしていたのですか?

また、サン・スマイルに入社した理由はどんなものでしたか?

以前は、広告代理店の営業をしていました。大学卒業後、営業という職種もよく理解せずに勢いで入ったこともあって、実際に仕事を始めたら新規の飛込み営業などもあってかなり過酷で、苦戦していました。

その会社では、同じ職場のデザイナーの方と話す機会も多くて、そうしていくうちにどんどん「作る側」への憧れが強くなっていきました。そこで、もともとデザインが好きだったこともあり、心機一転、専門学校に入学し直して勉強したんです。

そして、卒業後、就職サイトで「デザイン」と検索したら、サン・スマイルの求人が出てきました。

調べたところ、サン・スマイルは自分が大好きでよく行っていた、ヴィレッジヴァンガードさんがお取引先のひとつ、ということで興味を持って、専門学校で学んだ「イラストレーター」や「フォトショップ」などのソフトの技術も活かせそうだったので、入社を決めました。

 

―――以前のお勤め先と比べて、「サン・スマイル」ってどんな雰囲気ですか?

サン・スマイルには、「困っていると誰かが助けてくれる」「みんなが協力し合う」文化が根付いていますね。

以前いた会社は個々に売り上げを立てて仕事をする、とても個人主義的なイメージでしたけど、サン・スマイルは部署全体だったり、大きなプロジェクトごとだったり、とにかく会社全体で売り上げを作っていこう、という“一体感”を大事にしているように感じます。

 

―――いまの部署では、具体的にどんな業務を担当していますか?

いまは、マーケティング事業部のなかの製造管理課に所属しています。海外や日本のOEM会社とやり取りし、商品を実際に作るところから納品するまでのスケジュールを管理することが、私の主な業務です。

その他にも、商品の企画書を作成したり、商品や販促物のデザインを考える業務もあって、毎日何かしら違った仕事をしています。

 

―――いま担当している業務では、日々どんなところに気を付けていますか?

商品は、企画・製造・デザイナー・営業・PRなど、さまざまな人が関わりながらひとつの商品を世に出しているので、コミュニケーションと情報の共有を特に大切にしています。

また、商品作りでミスは絶対に起きてはいけないため、チェック作業もかなり頻繁に行います。

当たり前ですが、集中力は大切ですね。ミスを防ぐためにも、自分を過信しないことと、他の人を頼ることも重要だと考えています。

 

―――これまで仕事を通じて、嬉しかったことや印象深かったことはどんなことですか?

自身が担当している商品の評判が良いときは、とにかく嬉しいですね。

それと、頭の中にしかなかったイメージが、イメージ通り、もしくはイメージを超えてカタチに出来たとき。

あとは、ひと通り、入稿を終えた瞬間ですね。「今日は美味しいお酒が飲める!」と感じます(笑)。

 

 

 

―――休日はどんな風に過ごしていますか?

また、最近ハマっていることは何ですか?

お休みの日は、実家の愛犬(黒柴)に会いに行って、一緒に散歩をしています。

 

 

ハマっているのは、2年前くらいからなんですけど、キャンプですね。
時間を気にせず、自然に身をおく瞬間がひたすら幸せです。外で作って食べるご飯、焚火をしながら飲むお酒は格別です。

 

―――「サン・スマイル」で実現したいことは何かありますか?

「バカ売れする商品」を作ること、です!

 

 

―――これからサン・スマイルの仲間になる方へのメッセージをお願いします。

サン・スマイルには、面白い人がたくさんいますよ。どんどん自分から挨拶をして、早く仲間になってくださいね!

 

(※インタビュー内容は2020年3月時点のものです)